読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺろぺろ食堂日記

ぺろぺろ食堂は実際には存在しません。それはそうと、もっと野菜を食べてヘルシーになりたい。

豚肉と夏野菜のトマトカレー

ちょっと前に知り合いからパク森カレーのレトルトをもらって食べた時にむちゃくちゃ衝撃を受けた。
スパイシーでピリッと辛くて、コクがあるのにものすごくフルーティーなのである。
金沢カレーを初めて食べた時も衝撃だったけれど、このフルーティーな感じは僕の中のカレー概念をひっくり返されてしまった。
多分野菜と一緒にフルーツを大量に煮込んでいるのだろうけど、実際にはどんな感じなんだろうか。
大昔、僕がまだ小学生だった頃、母親がカレーにバナナを入れると美味しいという情報をどこからか手に入れてきて、試したことがある。
その時は恐らくそのまま輪切りにしたバナナを入れて煮込んだのだと思うのだが、カレーの香りを飛び越してバナナの香りがアタックしてきてなかなかやばかった。
バナナの量も結構多かったのかもしれない。

そんなわけで本日はトマトが大量にあったのと、冷凍室にパイナップルの冷凍が沢山眠っていたのでフルーティーなカレーに挑戦してみた。
まずトマトとパイナップルをミキサーにかけてトマト&パイナップルジュースを作る。
玉ねぎをよく炒め、豚のアゴ肉を加え、よく炒まったら圧力鍋に少量の水とさっきのジュース、コンソメを入れて15分にこむ。
しゅんしゅんしてる間になすとピーマンを軽く炒め、15分煮込んだ鍋に入れてさらに蓋をして5分。
蒸気を抜いたらカレールーを入れて、軽く煮込んで出来上がりである。
f:id:pero_pero:20140722124149j:plain
いや意外に結構フルーティー。
個人的には満足な出来であった。


ちなみパク森カレーは作り方をyoutubeでUPしてて、ちょっぴりあってたけど手の込み方は異次元だった。

【ついに公開】秘蔵VTR/このルー無しでは語れない!!パク森カレーの原点に迫る!! - YouTube

野菜とフルーツを4分の一になるまで炒めて、残りの半分は後から入れるとか、なるほどだからあんなにフレッシュなフルーティーさだったのか…。
勉強になるけど作るか?というとうーん、そこまで時間かけられないしなぁ…。
2回に分けて入れるのは真似しようと思った。